ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

Twitterでロックされる原因を紹介!その対抗策とは?

TwitterはSNS

私はTwitterでブログを紹介していましたが、最近になってロックされてしまいました。実際にTwitterでロックされる原因はいくつかあります。そこで、Twitterを利用してブログを紹介している方が同じような目に合わないように、ロックされる原因や対抗策を紹介するので、参考にしてみて下さい。

在宅ワーカーがTwitterでロックされやすい原因

Twitterでリンク

ブログを運営している方たちは、多くの方がブログで収入を得ようとしているでしょう。そのため、本業や副業の違いはあっても、多くの在宅ワーカーがブロガー(ブログを運営する者)になっているはずです。

そして在宅ワーカーが、Twitterでロックされやすい原因は以下の通りです。

  1. Twitterを宣伝ばかりに使う
  2. 同じような内容をツイート
  3. 短時間で多くの方をフォロー

1.やはり、在宅ワーカーの方は、宣伝ばかりをするのでロックされやすい可能性が高いです。実際にTwitterはリンクを貼って宣伝ばかりしていたら、アカウントをロックされるので注意したほうが良いです。

2.ブログを紹介するために、同じような内容でリンクを貼って、紹介したらTwitterのアカウントをロックされる可能性が高いです。

3.在宅ワーカーの方たちは、多くのにブログを見てもらおうと思って、数多くの方をフォローして、フォロー返しをしてもらおうと思っているでしょう。しかし数多くの方を短時間でフォローしたら、Twitterのアカウントをロックされるので気を付けて下さい。

Twitterのアカウントがロックされない対策

スマホでSNS

在宅ワーカーが、Twitterのアカウントをロックされやすい原因が分かってもらえた所で、次に、その対抗策を紹介します。

1.Twitterでは、ブログの宣伝だけではなく、プライベートに関係するツイートもしましょう。そうすればブログの宣伝だけに使う方とは思われないので、ロックされる可能性が低くなります。

2.ブログを宣伝する回数が多くてロックされる事を考えたら、やはり1日にブログの宣伝をする回数を抑える事が懸命です。私は、朝7時・昼12時・夕方20時にブログを宣伝していたので、これで引っかかったのか微妙な所ですが、もしもロックされた場合には、次から宣伝する回数を少なくしたほうが良いです。

3.Twitterでは1日に50人ほどフォローしたら、かなりの高い確率でアカウントがロックされます。私は1日でフォローしていたのは、せいぜい10人程度だったのですが、50人以下であれば、絶対に安全とは言い切れません。そのため、1日にフォローする回数も控えたほうが良いです。

Twitterのアカウントがロックされないためのまとめ

Twitterで悩む男性

今回は在宅ワーカーが、Twitterのアカウントがロックされる原因や対抗策を紹介してきましたが、その他にも過激な発言や画像などもロックされる原因になります。

しかし、それは最低限でも守るべき所なので、やはり在宅ワーカーの方は、宣伝回数・宣伝内容・フォローの数に注意して、ブログを宣伝したほうが良いでしょう。

私はロックを解除するために、間違えて何回も認証コードを送信していたら、しばらく時間をおいてから送信して下さいと書かれてしまいました。そのため、ロックを解除するためには、間違えた方法で、何回も認証コードを送信しないようにして下さい。