ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

在宅ワーカーは貯金があるうちにクライアント探しを!

クライアント探しの問題点

会社員を辞めて在宅ワーカーになるために貯金を貯めても、貯金があるうちにクライアントさんを探しておかなければ、様々な問題が起きてきます。そこで在宅ワーカーになりたい方のために、貯金のあるうちにクライアントさんを探す重要性について紹介するので参考にしてみて下さい。

クライアントの人数が少ないデメリット

デメリットを表す動物

貯金があるうちにクライアントと契約する事ができて安心する方は多いかもしれません。所が、それには大きな落とし穴があって、クライアントさんの仕事量によって報酬金額が左右されるという点です。実際にクライアントさんが毎日仕事をくれていたのに、何かの事情で仕事量が減ってしまう事があります。

このような時に貯金があるうちに、多くのクライアントと契約しておけば、クライアントAさんの仕事量が減った日には、クライアントBさんの仕事をしておけば、ある程度まで報酬金額を安定させる事ができるのです。

貯金がないとクライアントの人数を増やせない?

生活費に悩む日々

貯金があるうちであればクライアントさんを探す事ができますが、貯金が少なくなったら生活費を稼ぐ事に必死になってしまうので、他のクライアントさんを探す余裕がなくなってしまいます。実際にクライアントAさんだけと契約している時に仕事量が減ってしまった場合に、クライアントBさんと契約しようとしたら、クライアントAさんの仕事量が再び増えた時に、今度はクライアントBさんの仕事ができなくなる可能性があります。

貯金があるうちであれば、適度な仕事量にコントロールする事はしやすいのですが、貯金が少なければ仕事量をコントロールさせる事は難しいです。実際にクライアントさんの中には「1日に何件ぐらい出来る人か」というのを条件にしている方がいます。このようなクライアントさんたちと契約するには、貯金があるうちでなければ難しいので注意して下さい。

条件の良い仕事を見つける時間がない!

時間に悩む犬

貯金があるうちであれば、蓄えがあるので少し赤字になっても問題にはなりません。そのため条件の良い仕事を提供しようとしてくれるクライアントさんを見つける事ができます。しかし貯金がない時には、赤字になる訳にはいかないので、条件の悪い仕事でも行う必要が出てくるのです。そのため、貯金があるうちに条件の良い仕事を提供してくれるクライアントさんを見つける事が重要です。

貯金があるうちのクライアント探しのまとめ

貯金があるうちにクライアント探しする女性

会社員を辞めて、以前から考えていた在宅ワーカーになるためには、ある程度の蓄えが必要です。しかし蓄えがあったら、心に余裕があるため、ついつい自由な時間を楽しんでしまったり、ダラダラしたりします。しかし、それは在宅ワーカーにとっては自殺行為に等しいので、貯金があるうちにクライアント探しをしておきましょう。