在宅ワークのお得な情報を紹介するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

WEBライターは二重敬語に注意!意外に使用されているケースが?

二重の財布

WEBライターは、読者に読みやすい文章を作成する事を求められます。そのため、読者から違和感を抱かれやすい『二重敬語』を使用しないように注意しなければいけません。そこで、二重敬語になってしまうケースや使用してはいけない理由を紹介するので、確認してみて下さい。

お店の店員さんが使用する二重敬語

飲食店の店員さん

飲食店へ来店した時に、店員さんがよく使用する二重敬語があります。それを知らないで自分も使ってしまえば二重敬語になってしまうので注意しなければいけません。

  • お召し上がりますか(NG)
  • 召し上がりますか(OK)

この言葉はよく聞きますが「召し上がりますか」で、すでに敬語になっているので、そこに「お」を加えてしまえば、二重敬語になるので注意して下さい。

仕事で使用しそうな二重敬語

仕事で二重敬語を使用したOL

会社勤めしている方が、上司に確認をする際に、使用しそうな二重敬語もあります。性格の優しい上司であれば、軽くたしなめられる程度で済むかもしれませんが、厳しい上司であれば仕事を任せてもらえない可能性があります。

  • おっしゃられました(NG)
  • おっしゃいました(OK)

この言葉では「おっしゃいました」で、すでに敬語になっています。そのため、敬語に「〜れる」を重ねたら、二重敬語になってしまうのです。この二重敬語は、上司から任された仕事を再確認する際に使用しやすいので、気を付けて下さい。

二重敬語を使用してはいけない理由

二重敬語がダメな理由

WEBライターは、いくつか行ってはいけない事があります。それが「重複」です。そのため二重敬語は重複に当てはまるので、使ってはいけないと思う方もいるでしょう。所が、二重敬語は重複するだけではなく「慇懃無礼(いんぎんぶれい)」と思われる可能性があるのです。

この慇懃無礼は、表面上はへりくだった言い方をしていても、心の底では馬鹿にしている事を指します。そのため、WEBライターがクライアントさんから報酬をもらっておきながら、クライアントさんのお客さんである訪問者(読者)に不快な思いをさせる事は絶対に行ってはいけない事です。そのためWEBライターは、二重敬語を使用しないように、注意する必要があります。

二重敬語の注意点のまとめ

本で二重敬語を勉強

二重敬語を使用している方は多くいるので、事前にどのような言葉が二重敬語になっているのか、確認する事が重要です。実際に朝日新聞校閲センター長が絶対に見逃さない 間違えやすい日本語」という書籍では、二重敬語や、正しい謙譲語の使い方を紹介しているので、心配になる方は読んでみる価値があります。