在宅ワークのお得な情報を紹介するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

在宅ワーカーがクライアントと接する時の注意点を紹介!

良好な関係について思考

在宅ワーカーにとって、クライアントは報酬を払ってくれる大事なパートナーです。その大事なパートナーと良好な関係を築くためにはいくつか注意すべきポイントがあります。そこで、どのようなポイントを注意すれば、クライアントと良好な関係を築けるのか紹介します。

確認をする時は数字を使用

数字で確認する重要性

クライアントに納期を確認する際には、曖昧な言葉を使用しないで、明確に数字を使う事が重要になります。なぜなら曖昧な言葉を使ったら問題になる事があるからです。例えば、あなたにとって1週間で作品を提出すれば、早く出せたほうだと思っていたとしましょう。しかしクライアントにとって、早く作品を出してもらえる感覚が3日だった場合はどうなるでしょうか?

クライアントは、あなたが「作品は早めに提出しますので、お任せ下さい」と言ってきたから、仕事をまかせたたのに3日経っても提出してこないと不満を抱いている可能性があります。そのため、クライアントに確認する際には以下のように確認するべきです。

  • 悪い例:作品は早めに提出しますので、お任せ下さい
  • 良い例:作品は3日以内に提出しますので、お任せ下さい

このように良い例で、言えば、在宅ワーカーとクライアントの間で問題が起きる可能性は低くなるので、試してみて下さい。

疑問点は早めに確認

疑問に思う女性

クライアントは在宅ワーカーに仕事を任せる際には、注意事項を記載している場合があります。WEBライターの場合には、文末表現だったり、固有名詞の禁止だったり様々なものがあります。所が、クライアントの注意事項の中には「これはどういう意味なのだろうか?」と疑問に思う事があります。

このような疑問点がある時には、早急にクライアントへ聞いたほうが良いです。実際にクライアントへ作品を提出して承認してもらえたとしても、クライアントの中には「いつも、お世話になっている方だから、間違っている所を指摘しづらい」と思っている方もいるのです。実際に自分は、途中で注意事項で引っかかる所に気づいて、それを聞いてみたら自分の書き方が間違っている事が分かった事があったのです。

しかしクライアントさんは何も言わず、承認してくれていたのです。それから、ただちにクライアントさんに謝罪をして、それから書き方を注意事項の通りに書いた経験がありました。そのため、クライアントさんから承認してもらえたとしても、クライアントが100%満足しているとは限らないので、注意事項はよく読んでおき、分かりづらい所は早急に聞いたほうが良いです。

作品は早めに提出

スピーディーに作品を提出

自信がある作品は納期ギリギリで、提出しても問題はありませんが、自信がない作品の場合には1日も早く提出したほうが良いです。クライアントとしても修正して欲しい所があっても、納期ギリギリだったら、非承認にするべきか、妥協して承認するしかないかと悩まされてしまうからです。

そのため、自信がないものは早めに提出して、クライアントが満足できるように修正できる時間を作る事が重要になります。

在宅ワーカーとクライアントの良好な関係のまとめ

クライアントと握手

在宅ワーカーは、会社員とは違って安定した収入を稼ぐためには、信頼できるクライアントと良好な関係を築く事が重要になります。それを実現するためには、どのような仕事をすればクライアントが満足してくれるのか?それを考えながら仕事をする事が重要になります。

今回紹介した『確認をする時は数字を使用』や『作品は早めに提出』などは、下で紹介している書籍で説明されていたものなので、ご興味のある方は読んでおく価値はあるでしょう。