在宅ワークのお得な情報を紹介するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

WEBライターは文字数を多めにして記事作成するべき?

WEBライターの道具

WEBライターは文字数に応じて、報酬を貰える仕事なので、指定された文字数ギリギリで記事を作成したいと思うでしょう。所が、文字数ギリギリで作成するよりも、多めの文字数で記事を作成したほうがメリットがあるので、詳しく紹介しましょう。

文字数が多いと安心して推敲が可能

安心して推敲

クライアントさんから1000文字以上で記事作成して下さいと頼まれた場合に、1000〜1050文字程度で執筆したとしましょう。そのような場合に推敲(すいこう)して、修正したほうが良い箇所を見つけた場合はどうでしょうか?文字数がギリギリになっているので、文章を修正したら、文字数が少なくなる場合があるのです。

そのような事があれば、安心して推敲する事ができないでしょう。さらに文字単価が少ない場合には「この程度の文字単価であれば、そこまで文字を修正しなくても良い」と思ってしまう方もいるかもしれません。しかしクライアントさんから、お金を貰う訳ですから、修正したほうが良い所を見つけたら、記事は修正したほうが良いです。それを考えたら文字数を多めに執筆したほうが良いです。

文字数が少ない状態で完成?

少ない文字数で混乱

1000文字指定なので、1000〜1050文字で作成すれば良いと思っていたら、それに見合う程度の情報しか収集しない場合があります。そのような方法で記事作成したら、記事を作成した時になって、文字が900文字前後にしかならない場合があります。文字数が少なくなった場合には、後になって新たな情報を追加していく事になるので、少しバランスの悪い記事になるケースがあります。

そのため情報収集する所から、1000文字指定の時には、1100〜1200文字を作成できるように情報を収集して記事を作成したほうが良いでしょう。

多めの文字で作成するまとめ

多めの文字数を勧める女性

多くのWEBライターは1記事でも多く作成して、報酬を増やしたいと思っているので、文字数はギリギリの状態で作成したいと思うでしょう。しかし、文字数ギリギリで記事を作成したら、様々なデメリットがあるので注意しなければいけません。そのため大見出し・小見出しに付け加える本文の文字数をあらかじめ決めながら、情報収集して、文字数が足りなくならないようにしたほうが良いでしょう。

もしも文字数を調整しづらい場合には、テキストエディットを使用して、ウィンドゥの幅を調整しましょう。そして1行でいっぱいになる文字数を覚えた状態で記事作成しましょう。私は1行につき50文字に設定しているので、その状態で1つの小見出しに4〜5行程度にして記事を作成して、指定文字数より100文字ぐらい多めにして作成できるようにしています。もしも文字数を調整しづらい方は、良かったら私の方法を参考にしてみて下さい。

保存

保存