ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

WEBライターやブロガーたち必見!長文を書くコツを紹介

長文を示す画像

WEBライターやブロガーの方たちは、長文を書く事が多いでしょう。しかし書き始めようとしたら、長文を書く事ができなくて悩んでしまう事は多くあります。そこで長文を書くコツを紹介するので、見ていきましょう。

見出しの設定で骨格作り

骨格を確認する画像

健康食品を紹介する文章を書く事は、WEBライターやブロガーの方たちは取り扱う事が多いでしょう。しかし健康食品を3000文字まで作成しようとしたら、簡単に書けるものではありません。しかし長文を書くコツはあります。私は3000文字であれば1時間〜1時30分間ぐらいで書く事ができます。

どうやって3000文字を1時間〜1時30分間で書けるかと言えば、最初に見出しを設定していくからです。仮に、ある青汁を紹介するための3000文字を作成しようとする時に、何も考えないで青汁の魅力を書いていくだけでは、途中で書く事がなくなる事があります。実際に見出しを設定しながら作成しようとしたら、あなたは3000文字を丸ごと青汁で書かなくてはいけません。所が、青汁を紹介する文章に5つの見出しを設定したら、どうでしょうか?

  • 見出し設定なし=3000文字
  • 見出しを5つ設定=1つの見出しに600文字

上記のように、最初に見出しを5つ設定しておけば、1つの見出しに600文字を書けばいいだけなので、書きやすくなるはずです。そのため長文を作成する事が苦手な方は、まず見出しを設定する事が重要です。私が青汁を紹介する場合には次のようなケースで書く場合が多いです。

  1. 商品の特徴
  2. 商品に使用されている素材
  3. 商品の注意点
  4. 商品の魅力
  5. 利用者たちの口コミ

これは、あくまでも一例ですが、このように最初のうちに見出しを設定すれば書きやすくなります。さらに導入分とまとめを作成しておけば、見出しは3つぐらいで合計5つに区切る事ができます。そのため、見出しを作成する事が苦手な方は導入分とまとめを作る事も検討したほうが良いでしょう。

見出しを最初に設定するメリット

見出しのメリットに喜ぶ読者

最初に見出しを設定しておけば、様々なメリットがあります。そのメリットを得る事ができれば、短時間で長文を作成できるだけではなくて読者にも満足してもらえるはずです。

  • 書く意欲が低下しない
  • 短時間で文章を作成
  • 文章が重複しない
  • 文章の流れがスムーズ

書く意欲が低下しないのと短時間で文章作成は、長文を書くためだけのメリットです。しかし文章の重複と流れは、読者の満足度と直結します。なぜなら、同じ文章の中に、同じような内容が何回も登場したら、読者はうんざりしてしまいます。そして文章の流れが悪ければ、理解しづらくて読者は不満を感じてしまうでしょう。

例えばですが、美味しい青汁なのに値段が安い事をアピールしたい場合に最初に値段が安い事をアピールしたら、どうなるでしょうか?

読者は「いやいや、値段が安い青汁なんて多くあるし、魅力って安いだけなの?」と思って途中で離脱しかねません。

文章の流れとしては青汁が美味しい事をアピールした後に、値段が安くなっている事を紹介したら「苦味のある青汁が美味しい上に、値段が安くなっているのか」と読者が感心する可能性は高いでしょう。

さらに、もう一つのテクニックとして人間は悪い情報を最後に知ったら、その商品が悪いイメージとして残る場合が多いです。そのため、口コミでは最初の悪い口コミを紹介した後に、良い口コミを紹介するというのも、一つのテクニックです。

最初に見出しを設定しておけば、見出しの順番を整理整頓しやすくなります。さらに見出しを最初に設定する事によって、早い段階から文章の重複を発見しやすくなるので重複を避ける事も可能になるのです。

長文を書くコツのまとめ

SEOを紹介するサラリーマン

今回は長文を書くコツを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?WEBライターはクライアントから「この商品を3000文字以上で納品して下さい」という仕事が多くあります。そして最近のブログではSEOの重要性が叫ばれていて、ある程度の長文を書かなくては検索サイトで上位にランクインされません。

そのような事もあるので、WEBライターやブロガーにとって、長文を書くために、最初の段階で見出しを設定する事は重要です。今まで長文を書く事が苦手だった方は、まず見出しを設定してから書いてみたほうが良いでしょう。

保存

保存

保存