ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

在宅ワーカーが自宅で集中力を落とさない方法を紹介!

在宅ワーカーの商売道具

在宅ワーカーは、独りで作業をするので、集中力を維持する事が簡単ではありません。そこで、自宅で集中力を維持できる方法を3つまで紹介するので、そのメリットやデメリットを紹介しましょう。

TVを付けて作業

TV画面をスイッチ

あまりオススメの方法ではありませんが、TVを付けて作業する方法であれば、ストレスを溜める事がなく作業を続けられます。そのため集中力は多少落ちますが、集中力をある程度まで維持する事ができます。この方法のメリットは、好きなTV番組の音声を聴きながら作業する事ができる所です。

もしもTVを付けながら作業しなかったら、好きなTV番組がある時には作業できないでしょう。そのような事を考えたら時間に制約されなくて、いつでも作業ができるのは魅力的なポイントです。

ただし集中力がある程度まで低くなってしまうのは間違いないので、明日までに大量の案件を終わらせなければいけない時には、注意したほうが良いでしょう。

DVDを再生して作業

一枚のDVDの画像

私がライティングをしている時に行っているのがDVDを再生しながら行う方法です。そんな方法で集中できるのか?……と思う方はいるかもしれませんが、何回も見た事のあるDVDであれば、意外と集中できるのです。以前に見た事があれば、興味のない所は完全にシャットダウンして集中できますし、気に入った部分だけDVDの画面をチラッと見れば、ストレスを発散する事もできるのです。

このDVDに慣れたら、ストレスを溜める事がなく集中力を低下しないで作業できるというメリットがあります。大画面のiMacを利用している方であれば、DVDのウィンドウを小さめにして左隅か右隅へ移動させておけば、作業画面のすぐ隣にあるので、チラッと見ても集中力がそれほど低下しません。

ただし同じDVDばかり聴いていたら飽きてしまうので、集中力が低下していく事がデメリットです。私は何枚もDVDがあるので、集中力が低下する事は少ないのですが、DVDが少ない方は注意したほうが良いでしょう。

音楽を再生して作業

音楽の音符を表す画像

最もオードソックスな方法が、音楽を再生して作業をする方法でしょう。音楽は再生画面がないので、集中力が低下する事が全くないので、それが大きなメリットと言えます。

ただしデメリットとして、気に入っている音楽が流れたら、良い気分になって作業に集中できない可能性があります。さらに音楽の種類によりますが、眠くなるような音楽を聴いたら、夜中に作業している時は眠くなるというデメリットもあるでしょう。

自宅で集中力を落とさない方法のまとめ

自宅で集中力を高める方法を紹介する女性

在宅ワーカーが、自宅で集中力を落とさない方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?この中で最も意外な方法がDVDを見る方法だと思います。私のお気に入りは、ガキの使いの『笑ってはいけないシリーズ』です。ただし最近は何回も見てきたので『全落・水落』や『忠臣蔵』さらには『結婚できない男』などを見ながら作業をしています。

もしも何回か見た事があるDVDを持っていれば、試しにDVDを再生しながら作業をしてみるのも悪くないでしょう。

保存