ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

在宅ワーカーは自己管理が重要!収入が左右される可能性も?

在宅ワーカーが重視する自己管理

在宅ワーカーは、対人関係や時間に拘束される事がないので、ある程度まで自由に仕事をする事ができます。そのため自分で仕事の時間を決める事ができるので、収入を増やすためには自己管理能力を高める必要があるので、その注意点や方法を紹介します。

体調不良で収入減!

体調不良を表す画像

法律を遵守している会社へ出勤している場合であれば、有給休暇を使う事ができますが、在宅ワーカーは休めば収入減につながります。そのため体調不良で休んでしまえば、それで収入が減っていくのです。私は今まで、風邪になったり、低気圧頭痛になったりして収入が減った事は何回もありました。

そのため自己管理能力を高めて体調不良にならないように気を付ける必要があるのです。毎日健康な状態で仕事をしていれば、ある程度まで安定した収入を維持する事ができるようになります。在宅ワーカーになる方は自己管理能力……つまり体調管理には気を付けるようにしましょう。

仕事の時間を維持

仕事時間をコントロール

会社へ出勤していた期間が長い方が脱サラをして、在宅ワーカーになったら、仕事時間を維持する事は意外と難しいのです。誰も見ていないので「明日から頑張れば良いや」と思いがちなのです。

実際に私が何度も失敗したのが、このケースでした。そのため毎日決まった時間から仕事を初めて、終わる時間もコントロールできるようにスケジュールを管理する事も重要です。

仕事の時間より実績?

実績が重要

日本では年功序列や時給制を採用している企業は多くあります。所が在宅ワーカーの場合は、健康管理や仕事時間をコントロールできるだけでは収入を増やしたり、安定した収入を得る事ができません。なぜなら時給制ではなく実績に基づいて報酬が貰えるシステムだからです(時給制で貰える仕事も一部であります)。例えばですが、WEBライターで文字単価0.5円の記事を書いていたとしましょう。1日8時間で2万文字作成したら、1万円を貰う事ができます。しかし1日8時間で1万文字しか作成できなかったら、5000円の収入になります。つまり同じ仕事時間でも、実績が半分であれば収入も半分になるという構図なので注意しなければいけません。

在宅ワーカーの自己管理のまとめ

在宅ワーカーの自己管理のまとめを紹介するOL

在宅ワーカーは自己管理能力を高める事が重要という事について、紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?実績によって収入が貰える構図ですが、毎日同じ程度の実績を残すためには、体調管理やスケジュール管理できなければ難しいです。そのため在宅ワーカーを一軒家に例えたら、1階部分が体調管理&スケジュール管理で、2階部分が実績と考えても良いでしょう。

このように体調管理・スケジュール管理・実績を上手く管理できなければ、在宅ワーカーは収入を増やしたり、安定した収入を維持したりできません。そのため在宅ワーカーを始めようとする方は、自己管理能力を高められるようにしましょう。