ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

書き方が固定化された場合の対策法を紹介!

文章作成の知識

WEBライターは何回も記事を執筆していたら、書き方が固定化されてしまうので、ストレスがたまる事もありますし進歩する事も難しくなります。そこで、文章が固定化されて悩んでいる方のために、その対策法を紹介します。

サイトの文章を参考にする方法

インターネットで知識吸収

WEBライターは何回も記事を作成していくうちに、化粧品を紹介したい場合には、化粧品の魅力から説明して紹介する方もいれば利用者の悩みを代弁してから商品を紹介する方もいます。このように文章が固定化されたら短時間で記事を作成する事ができるので、WEBライターの収入は上がりますが、毎回同じ書き方ではクライアントや読者から「いつも同じような書き方だな」と思われて信頼を落とす危険性があります。

そのような場合には、他のサイトを見て、どのような書き方をしているのか参考にするのが良いでしょう。私は商品を紹介する記事を作成する時には、いつも商品の魅力から説明していたのですが、他のサイトを見たら読者が困っている事を代弁してから商品の魅力を説明している記事があったのです。

そのため文章が固定化されて、困っている時は化粧品を紹介する記事を作成する場合には、化粧品を紹介しているサイトを見るのも良いでしょう。そしてサプリを紹介する時には、同じようにサプリや健康に関係するサイトを見て参考にする方法はおすすめです。ただしリライトやコピーは厳禁ですので、注意して下さい。

書籍から知識を吸収

書籍の可能性

私が最初にWEBライターを始めた時は、文章は固定化されていましたし、無駄に一文が長い状態でした。さらに語尾も似たようなものばかりで、語彙力も弱かったです。それを改善するために、多くの本を読んだほうが良いと思って、何冊も読書をするうちに、語尾は「です・ます」だけではなくて「でしょう」や「〜下さい」というものがあるんだなと勉強しました。

さらに過去形となる「〜でした」や「〜しました」という語尾も少しずつ覚えていきました。そして類義語の種類も少しずつ覚えていく事が出来てきたのです。そのため、文章が固定化されて、困った時には様々な本を読書する方法はおすすめです。

書き方が固定化された時のまとめ

書き方を向上させるためのまとめ

WEBライターが書き方を固定化した時の対策法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?インターネットでは、WEBライターが文章を代筆しているサイトは多くあるので、そこから文章の書き方を参考にするのも良いでしょう。そして接続詞や語彙について学べる書籍も販売しているので、そういう所から知識を吸収する方法もあるので、文章が固定化されて困っている方は試してみて下さい。