ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

WEBライター初心者は必見!薬機法を守らなければ逮捕?

薬機法の厳しいルール

WEBライターを始めたばかりの方は、何も知らないで記事を作成しているようなものです。そのような時に覚えておかなければいけないのが『薬機法』です。ある記事を作成する場合には、薬機法を守らなければ最悪の場合は逮捕される事もあるので、詳しく紹介しましょう。

薬機法(旧薬事法)とは?

OK例とNG例

薬機法を簡単に説明したら、医薬品や化粧品などを紹介する記事を作成する時に、薬機法のルールに従わないと逮捕しますよ?という恐ろしいものです。例えばですが、肌のシミを隠せるファンデーションを紹介する記事を書こうとした場合です。このような時のOK例とNG例は以下のようなものです。

OK例:このファンデーションで、ニキビを隠せます。

NG例:このファンデーションで、ニキビを消せます。

化粧品は薬という訳ではないので、薬のような効果がある事を書いてしまったら薬機法に違反した罪で逮捕される可能性があります。そのため『隠す』と『消す』は似たような言葉のように思えるかもしれませんが、薬のような効果のある事を書く事は厳禁なので気を付けて下さい。

ただし薬用化粧品の場合は『ニキビを防げます』までなら、書けます。このように様々なルールがあるのが薬機法なので、WEBライターを始める方であれば、薬機法を勉強したほうが良いです。

薬機法に違反した場合

薬機法に違反したら逮捕

WEBライターを始めたばかりの方は1ヶ月に10万円以下の方が多いでしょう。そのように収入が少ないWEBライターであれば「薬機法に違反しても、それほど罰則は重くないだろう」と思ってしまうでしょう。所が薬機法は想像以上に罰則は重くて、違反した場合には、最大で5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金が課せられます。

そのためWEBライターを始める方は薬機法を勉強してから、ライティングの仕事にとりかかったほうが良いでしょう。

薬機法のまとめ

薬機法のまとめを紹介した女性医師

今回は薬機法について説明しましたが、WEBライターは、薬機法以外にも景表法というものも勉強しなくてはいけません。この景表法も守っておかなければいけません。

WEBライターは自宅で仕事ができるので、よほど変なクライアントと関わらない限りは、あまり対人関係のストレスを受ける事がありません。そのため多くの方が憧れる職業ですが、しっかりとルールを守って記事を作成するようにしましょう。

保存