ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

Webライターは一人のクライアントに依存するのは危険?

1の積み木を取る画像

Webライターは、クラウドソーシングから仕事を紹介してもらえるので、様々なクライアントから仕事を貰えます。そこで、相性の良いクライアントがいたら依存しそうになりますが、それにはメリットもあればデメリットもあるので詳しく紹介します。

クライアントに依存するメリット

豚が貯金する所

相性の良いクライアントと一緒に仕事をしていれば、仕事に集中して取り組めば収入を増やす事ができるので、様々なメリットがあります。そのメリットの数々は以下のようなものがあります。

  1. 高い採用率
  2. 満足感
  3. 効率的に執筆可能

1つ目の高い採用率というのは、相性が良いクライアントの場合は「このような記事を執筆すれば採用してもらえるだろう」というのが分かる事です。実際に、採用している基準と不採用にしている基準の差が分からないクライアントは多くいます。そのため相性の良いクライアントの仕事は、記事を執筆すれば報酬を貰える可能性が高いので、それはWEBライターにとって、大きなメリットと言えるでしょう。

2つ目の満足感というのは、クライアントから納得できないクレームがこないという事です。これは、「阿吽(あうん)の呼吸」と言ったら分かりやすい所でしょう。そのため相性の良いクライアントと仕事をしていれば、それほどストレスをためる事もなく、執筆できます。

3つ目の効率的に執筆が可能というのは、クライアントが、どのようなものを求めているのか分りやすい所にあります。実際に「このクライアントは何を求めているのだろうか?」と記事の条件を見るだけでは分りづらいものがあるのです。そのため相性の良いクライアントと仕事をしていれば、効率的に仕事を進める事ができます。

一人のクライアントに依存するデメリット

犬が依存に悩む画像

相性の良いクライアントと仕事をしていれば、様々なメリットがありますが、残念ながらデメリットもあるのです。それは以下のようなものがあります。

  1. 仕事が無くなる危険性
  2. 知識が向上しない可能性
  3. 対応力が鈍化

1つ目の仕事が無くなる危険性というのは、相性の良いクライアントが仕事を出さなくなる事です。実は、私はこの経験を味わった事があります。それはDeNAWELQ問題が起きてしまった時です。私に仕事をくれていたのはWELQではありませんでしたが、この騒動の余波で、そのクライアントさんが仕事を出すのを辞めたのです。そのため、しばらく報酬が途絶えてしまって困った事がありました。

2つ目の知識が向上しない可能性というのは、相性の良いクライアントであれば普段通りの記事を執筆していれば採用してもらえるので、知識を向上しようとしない可能性が高いのです。これはWEBライターの気持ち次第ではあるので「例え毎回採用されていても、普段から様々な本を読んで勉強しよう!」と思っていれば防げますが注意すべきポイントと言えるでしょう。

3つ目の対応力の鈍化とは、相性の良いクライアントの仕事が少なくなってきた時に、他のクライアントと仕事をしようとしたら採用してもらえない場合があります。これは一人のクライアントに依存しすぎて、他のクライアントの要望に応えられるほどの対応力が鈍ってしまう可能性があるからです。

一人のクライアントに依存する情報のまとめ

依存する危険性のまとめを紹介する女性

WEBライターが一人のクライアントに依存する情報について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?一人のクライアントに依存したら最も怖いのは仕事がなくなった時です。そのような事が起きてしまえば、報酬は激減するので、仕事や貯金に余裕があれば、今からでも3人ぐらいのクライアントから仕事を貰うようにしたほうが良いでしょう。