ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

ライティングは似たような案件がお得?その理由を紹介

WEBライターの仕事現場

クラウドソーシングから、ライティングの仕事を紹介されていると似たような案件が多い場合があります。そこでWEBライターは似たような案件を集中的にライティングした方が、お得なのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

似たような案件をする場合のメリット

似たような笑顔マーク

WEBライターが似たような案件をライティングする場合のメリットは、次のような事が挙げられます。

  1. 情報収集するスピードを短縮
  2. 専門知識が飛躍的に向上
  3. 記事を作成する条件を見る必要がない

1番目の理由は、似たような案件をライティングする場合には共通する情報を参考にライティングするので、情報収集する時間を短縮できます。そのためライティングするスピードが上がるので、ライティングの報酬を上げる事が可能になります。

2番目の理由は、似たような案件ばかりライティングしていたら、似たような情報を何度も見かける事になるので、短期間で暗記できるようになります。そうなれば専門知識が飛躍的に向上するので、次からは情報収集しないでも記事を作成できる時があるのです。

3番目の理由は、似たような案件というよりは同じクライアントで同じ案件をした場合に限りますが、記事を作成する条件を何回も見る必要がありません。例えば記事を作成する条件として、何文字以上で作成したり、文末(だ・である&です・ます)を指定されたりします。しかし同じ案件であれば、同じ条件なので、次からは条件を見る必要がないのです。

似たような案件をする場合のデメリット

似たような双子の画像

WEBライターが、似たような案件をライティングした場合には、メリットだけではなく様々なデメリットもあるのです。それが次の通りです。

  1. 採用のハードルが上がる可能性
  2. 知識向上がストップ
  3. 集中力が低下

1番目の理由は、同じクライアントから似たような案件をライティングした場合に、同じクライアントに、似たような記事を作成したら不採用にされる可能性が極めて高いです。私は実際にサグーワークスで不採用にされた事が何回もありました。そのため語彙力を高めて、似たような案件でも言葉の使い方に違いを表して、クライアントから採用されるような努力が求められるでしょう。

2番目の理由は、似たような案件をライティングしようとしたら情報収集する必要性があまりないので、知識があまり向上しなくなるのです。

そのためWEBライターとしては少し考えものです。しかし、ある程度まで月日が経ったら、情報が変わっている可能性もあるので定期的に得意な案件でも情報収集する努力は必要でしょう。

3番目の理由は、似たような案件ばかりライティングしていたら、集中力が低下する傾向があります。案件の種類が違っていたら、良い気分転換にもなるので、この辺りはライティングをする際に難しい所です。

似たような案件を行う場合のまとめ

似たような案件のまとを紹介する女性

WEBライターが似たような案件をライティングしたら、得なのか紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?似たような案件ばかりしていたら、記事を作成するスピードは上がるので報酬を上げられるのは大きな魅力です。しかしデメリットもいくつかあるのも事実です。

そのため様々なデメリットがあったとしても、ライティングの報酬を上げたい方には、似たような案件をライティングする方法はおすすめです。

保存