ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

WEBライターは二重表現に注意!間違いやすい言葉を紹介

f:id:akira2013web:20170712082019j:plain

日本語では同じような意味を二回続けて使う事を『二重表現』と言って、文章を作成する事を仕事にしてる『WEBライター』は二重表現に気を付けなくてはいけません。そこで二重表現となる言葉や、二重表現を使用してはいけない理由を紹介します。

二重表現になる言葉

f:id:akira2013web:20170712082156j:plain

WEBライターが二重表現を使ったら不採用になる事がありますし、そのような言葉を使った記事を作成したものをクライアントさんが採用してしまったら、クライアントさんの信用を失わせる事になってしまうので注意しなければいけません。そして二重表現となる言葉は以下のようなものです。

この他にも、様々な言葉が二重表現になりますが、この4つは覚えたほうが良いです。この中でも意外に思うかもしれませんが『自己責任』は最近になって出来た言葉です。このような言葉が出来たのは、責任感を持たない日本人が増えたからでしょう。

本来は自分が行う事には責任を持つのが当たり前のことなのです。実際に漫画家である小林よしのり先生は「自己責任という言葉は『頭部頭痛』と言うようなものだ」と主張しているほどです。

高齢者の方という言葉を使用する方は多いかもしれませんが『高齢者』の『者』は『方』と同じ意味になります。そのため高齢者の方と書きたい場合には『高齢の方』もしくは『ご高齢の方』と表現したほうが良いでしょう。

馬から落馬というのは、時を見れば分かるように『落馬』という言葉だけで馬から落ちることを意味しているので『落馬』という言葉だけを使用すれば問題ない訳です。

一番最初という言葉も二重表現になります。なぜなら『最初』の『最』は一番の意味を持つので、二重表現になります。私も気づかないうちに『まず最初』という言葉も使ってしまいそうになる時がありますが、これも二重表現になる訳です。

二重表現を使用する弊害

f:id:akira2013web:20170712082220j:plain

クラウドソーシングサイトはいくつかありますが、多くのサイトでは、二重表現に厳しい所が多いです。実際に、このような言葉を使用したら、高い確率で不採用になるでしょう。

なぜなら二重表現になったら、無駄に長い文章になってしまって読み手にストレスを与えてしまうからです。WEBライターは、クライアントに満足してもらえるような文章を作成しなくてはいけないので、二重表現に気を付けなくてはいけません。

そのため文章を作成した後は、二重表現を使用していないのか確認したほうが良いでしょう。

保存

保存