ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

ルーテインは改善してこそ意味がある!?

ルーティンの改善について考え込む男性

ルーティンは同じ作業や仕事の繰り返しです。しかし、毎日同じ事を繰り返すだけでは意味がありません。ルーティンは同じ事を繰り返しながら、改善していかなくてはいけません。それをWEBライターの仕事に例えて説明しましょう!

決められた目標と結果を比較!

目標を設定して結果を出せばOK

まず自分の決めた目標と結果を比較しましょう。ライティングであれば、1日600文字の案件を10件完了する事を目標にした時に、1日にどれだけ600文字の案件を完了できたのか比較をするのです。この時に4〜5件ぐらいしか出来なかったら半分ぐらいしか出来なかった訳です。

その時になぜ半分しか出来なかったのか?なにかルーティンに無駄がなかったのか探るチャンスと言えます!ルーティンがよく分からない方は下をクリックして下さい

www.akira-blog.co

ルーティンの改善すべき場所を探す!

ルーティンの改善方法を教える女性

WEBライターというのは、インターネットでHPを見て情報収集をして自分の考えを付け加えて、文章作成をします。そのため、ルーティンの内容は以下のようになります。

1.ライティングの案件を確認

2.案件に合ったHPなどを見て情報収集

3.情報収集をしたサイトなどを参考に自分の考えも付け加えて文章作成

大体、このような流れです。この流れの何を改善すれば良いのか?例えば、まず、どこの部分で時間がかかってしまうのか調べる事が重要です。最も時間のかかっている所を改善させれば目標到達できる可能性が高まるでしょう!

改善方法を見つけ出す!

ルーティンワークで重要となる時間

最も時間のかかった所を見つけたら今度は改善方法を考えます。仮に情報収集に時間がかかっているのであれば、素早く自分が欲しい情報が載っているHPの見つけ方を覚えるのが手っ取り早いでしょう。GoogleYahoo!ジャパンで、検索キーワードの選び方を色々と試していけば欲しい情報が見つかりやすくなる事は可能と考えられます。

その他にも、文章作成に時間がかかるようであれば、自分の考え(アイディア)がなかなか思い浮かばない事が考えられます。それには普段から色々な本を読書して多くの知識を吸収するのです!そうすれば、すぐ文章を作成できるようになります。私が考えるルーティンのおおまかな流れとしては

1.目標と結果の差を確認する

2.目標に届かなかった原因になった場所を探す

3.目標に届かなかった場所について、対策を練って実行する

このような感じですね。私は今1500文字プラス画像20個以上の案件を、1日1件でも多く執筆できるように、ルーティンの改善に努力している毎日です。皆さんもルーティンの改善を考えてみるのも良いかもしれません。