ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

アフィリエイト実践講座(竹中綾子-あやぴ)の書評

アフィリエイトで稼いだお金を数える喜び

女性アフィリエイター「あやぴ」さんがアフィリエイトで、多くの女性が段階的に収入を増やして行く方法を紹介しています。アフィリエイト仕組みから、稼げるための記事投稿のポイントまで書かれてあります。

アフィリエイターあやぴさんとは?

アフィリエイターが稼いでいる所

この本の著者「あやぴ」さんが、なぜアフィリエイトを始めたのか自己紹介が書かれてありました。あやぴさんには1人目のお子さんがいて、2人目のお子さんを欲しいと思っていた時に、自宅で仕事が出来る「アフィリエイト」に注目したのです。

あやぴさんはアフィリエイターとして稼がれている方で、同じ女性であるお子さんのいるママや、OLの方も自宅で稼げるようになればと思って「アフィリエイト実践講座」を執筆しのです。お子さんが小さくて家にいないといけないママさんたちには必見の本と言えるでしょう。そして、これからアフィリエイトを始めようという方も参考になることが数多く書かれているのも注目すべきポイントでしょう。

アフィリエイトの仕組み

ブログは貴重な収入源

アフィリエイトを始めるには、まずブログやホームページと言ったサイトを用意する必要があります。そのサイトに楽天Amazonのような広告主の広告を貼って、その広告をクリックしてもらい商品を購入してもらえれば、サイトの持ち主に報酬が支払われる仕組みです。

つまり広告を貼っても、いつまで経っても商品が売れなかったら報酬がもえない仕組みになっています。ただし数は少ないのですが広告をクリックしたり、広告を表示しているだけで報酬を支払う広告主もあります。そして数多くの広告主を、紹介してくれる仲介のような役割をしてくれるのが「ASP」です。私はあやぴさんの「アフィリエイト実践講座」を読んで、ASPの存在を知って登録作業をしました。

そのため、スムーズにアフィリエイトを始められたのです。しかし、ここで注意をして欲しいのはASPから広告主を紹介してもらうためには、審査を通過しないといけません。この審査を通過するためには、サイトに記事を10〜20ぐらいは書いておく必要があります。そのため、まずはサイトを充実させてからASPに登録をすれば良いでしょう。

アフィリエイトで稼ぐコツ

アフィリエイトで稼ぐコツを教えるサラリーマン

あやぴさんは「1日1記事、3ヶ月で100記事を目指そう!」と紹介していました。その理由は記事が少ないと、Googleなどの検索に表示されないので、アクセスが伸びません。その結果、アフィリエイトで稼ぐことも出来ないのです。しかし、最初のうちはアクセスが伸びないので、根気よく続ける必要があります。100記事を越えてから、アクセスが伸び始めていくと書いてありました。

しかし、ここで注意すべきポイントとして内容の薄い記事を100個書いても意味がありません。文字数がある程度あって、人の役に立つ記事でなければ検索エンジンに表示されないでしょう。あやぴさんは最低でも700文字、出来れば1000文字以上を心がけましょうと言っています。私もその通りだと思いますが、その理由は文字数が少ないとGoogleは内容の薄いコンテンツと判断して表示してくれないからです。

そして文字数が少ないと、それだけキーワードも少ないということなので、検索エンジンに表示されづらいのです。そのため記事は700〜1000文字で、1日1記事3ヶ月で100記事を目指しましょう。毎日1記事を書いて、日曜日だけ2記事を書けば3ヶ月で100記事になるので、それほど難しくないはずです。いかがだったでしょうか?この「アフィリエイト実践講座」に書かれてある内容には、この他にも稼ぎやすい商品や、時には営業活動をして稼ぐ方法も書いてあります。もしアフィリエイトを本格的に始めたいと思う方には、最適のマニュアルになるはずです。