ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

ロングテールアフィリエイトの極意(村田翔)の書評

ブログで思ったより稼げない現実

HPやブログのアセクスが伸びない方は必見です!ニッチなキーワードで、アクセスアップできます。

キーワードの重要性

キーワードの重要性を紹介するサラリーマン

多くの方が、HPやブログ(以下サイトとして表記します)のアクセスを上げたいと考えているでしょう。しかしアクセスは簡単に伸びるものではありません。しかし、この雑誌でアクセスを伸ばす方法が書いてあったのです。しかし、その方法を知る前に覚えて欲しいことがあります。

サイトの文章にある単語をGoogleは厳しくチェックしています。この単語をキーワードと呼び、このキーワードが重要になってきます。例えば、この時期では花粉症に苦しむ方がいるので、そのような方たちはYahoo!Googleで検索ワードに「花粉症」か「花粉症 薬」や「花粉症 対策」などを入力して、サイトを探します。この時に「花粉症」や「薬」と「対策」などのキーワードを書いてあれば、Yahoo!Googleで花粉症の記事を取り扱うサイトとして登録されるのです。

Googleなどで表示される順番

Googleで表示される順番を表している画像

しかし、ここで大きな問題が発生します。この「花粉症」というキーワードを書いているサイトは膨大な数になるので、競合しやすいでしょう。ためしにGoogleで、花粉症で検索したところ、1480万件のサイトがヒットしました。このように数多く検索されたら、どのような順位で並ぶか、ご存知でしょうか?

Googleなどは、サイトを見に来ている方にとって役立つサイトから、上のほうへ登録されて表示されます。つまり、役立たないサイトと判断されたら、何度も次のページをクリックしていかなければ表示されないのです。もしも、あなたが検索している時にサイトを見たいと思った時は、最初のページの上の方に表示されている所からクリックしていくはずです。競合しやすいキーワードのことを「ビックキーワード」とこの雑誌で紹介されています。そして、このビックキーワードに頼ったサイトは、なかなかGoogleなどで上の方に表示されなくて、アクセスが伸びないのです。

狙うならニッチキーワード

ニッチキーワードを探す女性

それでは、どうやったらGoogleなどで上から表示されるようになるかと言うと方法があります。それがこの雑誌に載っている「ニッチキーワード」です。このニッチキーワードとは競合しにくい、人気のないキーワードになります。仮に1000アクセスが望めるビックキーワードを書くより100アクセスが望めるニッチキーワードを11個書いていけば、多くの場面でGoogleで上の方に表示されてアクセスが伸びるのです。

ためしに、Googleで花粉症についてビックキーワードとニッチキーワードの差を確かめるために調べてみました。「花粉症」では1480万件のサイトがヒットしましたが「花粉症 目のかすみ」の場合は24万9000件だったのです。つまり約25万件として考えても、花粉症より59.2分の1しか競合しないということです。

そして、この雑誌ではニッチキーワードの選び方から、キーワードがどれぐらい検索されていく調べる方法まで書いてありました。もしサイトのアクセスを上げたい方は、こちらの雑誌を読んでみる価値はあると思います。

保存