ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

世界一わかりやすいSEO対策 最初に読む本(白石竜次)の書評

Googleで検索上位になるために作業

HPやブログをGoogleの検索で上位に表示させる為に必要なSEO対策が、漫画を交えてじっくりと初心者でも分かりやすく書かれています。どちからと言うと上級者向けの方の為に書かれた本です。

漫画で分かりやすく説明

分かりやすい本に夢中になる女性

SEO対策の本は数多く販売されていますが、この本ほど初心者に分かりやすく書かれている本は無いでしょう。漫画のストーリーはスポーツのユニフォームを販売している会社で、SEO対策をして売上げを伸ばそうという所から始まります。

社長のお孫さんの営業部長が知人の千葉(SEOコンサルタント)を会社に招いて、営業部の谷口と一緒にSEO対策をしていきます。漫画で書かれていると上級者の方は内容が薄いのではないか?……と心配されるかもしれませんが、文章で書かれているページ数のほうが圧倒的に多くて、内容の質や量も豊富なので、満足できるはずです。

内部対策によるキーワード

SEO対策で重要となるキーワード選び

まず千葉が取りかかった作業は内部対策でしたが、それだけSEO対策にとって重要だという事でしょう。内部対策で必要となるもの、それはキーワードです。仮にAチームのユニフォームを販売していたとします。この時にHPのキーワードに「ユニフォーム」に設定しているだけでは、Googleなどでは同じようなキーワードを設定している企業は数多くいます。それだけ競合する確率が高ければ、検索されても上位に表示されることも無いので、なかなかHPに訪れてくれる方は現れないのです。

そこで、出てくるのはツーワードによる設定で「Aチーム ユニフォーム」とするのです。この設定をすれば、競合する企業も少なくなります。さらに細かく設定することによって、HPに訪れてくれた方は購入する確率が高くなります。例えばユニフォームと設定しているだけでは、BチームやCチームのユニフォームを購入したくて来る方もいるからです。そのため、ツーワードにすることで内容を細かくすれば成果率が高くなって、検索でも上位に表示されて一石二鳥を期待できるのが、内部対策なのです。

外部対策によるサテライトサイト

外部対策のポイントを紹介するサラリーマン

外部対策で必要となってくるのが、何と言っても外部からの被リンクを増やすことです。ここで気を付けて欲しいのが、お金を使って人工的にリンクを増やす方法です。業者のリンクをする方法によってはGoogleがペナルティとして検索で表示される順番で格下げするので気をつけましょう。この雑誌で紹介された方法は、自前で外部からのリンクを増やす方法でした。多くの企業で採用している方法で、スタッフブログというものがあります。

外部からのリンクがあれば、それだけ利用者にとって必要なHPだとGoogleに認めてもらえてSEO対策になります。さらにスタッフブログがあれば、会社で作られている製品の状況や職場環境も分かるので、信頼性が増すことになるのです。そのため、外部対策でも検索の上位に表示されるようになって、信頼性も上がるなど数多くのメリットがあるので、対策をする価値があるでしょう。

まとめ

SEO対策のまとめを紹介する女性

雑誌には、この他にLPO対策・コンテンツSEOやHPに訪れた方の数などを調べる方法なども書かれてあります。その為、アフィリエイトをしている方にも有益な情報となっているので、HPやブログのアクセス数を上げるためにSEO対策をしたい方にはおすすめの本です。 

保存