ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

10倍売る人の文章術(ジョセフ・シュガーマン)の書評

商品を次々に売る方法

『10倍売る人の文章術』では、お客を爆発的に増やして商品を購入してもらえる文章のテクニックが書かれています。そのため、多くの在宅ワーカーにとって重要なテクニックが書かれているので詳しく紹介します。

脅すような文章は読者から注目されます

文章の書き方について紹介するサラリーマン

書き手では、常識となっている事ですが読者に注目してもらうタイトルは、読者に緊張感や恐怖感を与えるのが良いと言われているのです。

例えば、読者に恐怖感を与えるA案と、与えないB案を書いてみます。このうち、どちらのタイトルであれば読者に読んでもらえるでしょうか?

A案

これを知らなければ、あなたの人生はあと1年で破滅します!

B案

これを知れば、あなたには1年後に幸福な人生が待っています!

私は読者に読んでもらえるタイトルは、A案だと思います。それはなぜか?人というのは幸せになれるとか書かれるとうさん臭いと思う傾向があります。占いで思い出してみてください。仮に占いで、良い結果が出たとしても信じる人は少ないと思います。逆に悪い結果の場合は、人は気をつけようと思うものです。

しかし、読者を脅してはいけません

読者を脅す事を注意する本

この雑誌の著者であシュガーマンは他人を脅すなと言っています。脅すような文章は読者に注目してもらえるのに、そう言うのは正義感からでしょうか?……いいえ、違います。それでは恐怖感を与える文章を書くのはなぜいけないのか?・・・と言うと人間とういのは仮に破滅するかもしれないと思っても、その状況にならなければ商品を買わないと、この雑誌の著者は言っているのです。

例えば、あなたが今30歳で奥さんがいて子供が2人いたとします。その時に保険の営業マンが来て「うちの保険に加入しておけば、もしもあなたの身に何かあっても家族が路頭に迷うことはないですよ。」……と言っても、保険に加入する人は少ないでしょう。しかし、もしも重い病気にかかっていてあまり長生きできない。しかし薦めてくる保険は、その病気になっていても加入できるタイプだったとします。そうなれば多くの方は加入するでしょう。人間というのは、後々のためにお金を払うことは少なくて、危機がすぐ迫っていなければ、お金を払わないと著者は言っているのです。

そのため、商品を売る場合には読者を脅すのではなくて、商品の本質やオリジナリティーを読者に伝えることが大事と述べているのです。

この雑誌では最高の成果を出せるテクニックが44個紹介されています。私が紹介したのはたったの1個です。もちろん、この44個のテクニックは知っているものもあるかもしれません。しかし、シュガーマンの言葉を聞いてから、成功を納めた人間は大勢いるのです。もしも、文章のテクニックを磨きたいと考えているなら、この雑誌を読んでみる価値はあるはずです。

保存