ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

述語の書き方で文字数を減少させる方法を紹介!

文章力を身に付けるために準備

「文章力の基本の基本」では、述語の書き方で文字数を減らす書き方が書かれていました。どのような書き方をすれば文字数を減らせるのか紹介します。

述語を共に使える場合

述語を書いていく所

「山へ行きます」と「海へ行きます」という場合は述語を共に使って、文章の文字数を短縮する事が出来るのです。つまり「山や海へ行きます」と言った感じですね。文章の文字数を短縮するには、効果的な使用方法ではないでしょうか?その他にも具体例を紹介します。

改善前「肉を食べた後に、野菜を食べました。」

改善後「肉や野菜を食べました。」

この場合であれば17文字から、11文字になる訳です。もしも、文字数が長いなぁと思った場合は、述語を共に使ったほうが良いのです。

SEOでは、同じ単語を何度も使うのは、キーワードの詰め込みと判断されて減点対象になります。そのためブロガーやアフィリエイターの方にとっても、述語を上手く使って、単語を減少させてアクセス向上を図る事も出来るのです!

述語を共に使ってはいけない場合

述語について試行錯誤する所

共に述語を使えば文字数は短縮できますが、共に使わないほうが良い文章もあります。

OK例「肉を食べた後に、水を飲みました。」

NG例「肉や水を飲みました。」

こんなNG例を書く方は少ないとおもいますが、理解してもらうために極端なNG例を書きました。当たり前の話ですが、肉は食べ物であって飲み物ではありません。そのため述語を共に使えない場合は、このように使い分ける必要があるのです。

文字数を短縮する場合

文字数を短縮するためのポイント

それでは、文字数を短縮させる場合はどのような時でしょうか?WEBライターの仕事で、よく言われる事は「1000〜1300文字以内の文章で書いてください。」と頼まれる時です。

しかし、文章を書いていくうちに1300文字を越えてしまう時があります。そのような時に、削除できる文字があれば良いのですが、どこも削除できないという場合があります。そのような時は、述語を上手く使えば、長い文章をダラダラと書く事はありません。文章を短縮する事がなぜ必要なのかと言えば、読者を飽きさせないためです。似たような言葉が何回も使われたり無駄な内容があったりすれば、途中で読むのを辞めてしまいます。そのような事を防ぐためにも文章を短縮させる努力が必要なのです。

保存