ライターAKIRAが在宅ワーカーを応援するブログ

在宅ワーカーの方たちが成功できるような情報を発信するブログです!

視力を回復する5つの方法を紹介!

視力検査の画像

在宅ワーカーたちは自宅で長い時間に渡ってパソコンを操作するので、視力が低下しやすくなるので、視力低下に困っている方が多いでしょう。そこで視力を回復する5つの方法を紹介します。

視力の回復法1「眼球運動」

matome.naver.jp

上のリンクにあるHP「NAVERまとめ」では、眼球運動によって視力を回復する方法があります。動画を利用して回復させる方法があるので、興味のある方はご覧になって下さい。

このHPで紹介されている方法は、目を強くつぶって10秒上を見ます。次い目をつよくつぶって下・右・左と10秒繰り返していく訳です。眼球運動で視力がよくなるのは医学的にも証明されており、視力が悪くなる原因は病気によるものと、目の筋力の衰えが原因している場合があります。つまり、目の筋力が衰えている場合に眼球運動によって目の筋力をつける事によって視力が回復出来るという訳です。

視力の回復法2「有酸素運動

eyestown.com

上のリンクにあるHP「眼精疲労と生きる」では、有酸素運動によって視力を回復させる方法が紹介されています。

なぜ有酸素運動によって視力が回復するのかと言うと、有酸素運動をする事によって、体中の血行が良くなって目にも血行が行き届き視力がよくなるという訳です。有酸素運動は外でウォーキングやランニングなどの運動をしなくてはいけなくて面倒くさいと思う方もいるかもしれません。

そのような方には室内でも行える踏台昇降運動が、オススメです。踏み台昇降運動であれば、室内でも適度に運動する事ができます。

視力の回復法3「腕振り運動」

www.me-kaiteki.com

上のリンクにあるHP「視力回復の研究ノート」では、強度近視の方が視力回復する方法が詳しく紹介されています。強度近視の方は、良かったらご覧になって下さい。

強度近視とは、遠くにある物がぼやけて見える事を言います。上のリンクにあるHPでは、視力0.1以下の方を強度近視と考えたいと紹介されています。この強度近視になる原因は、眼球が長くなってしまう為と言われているのです。眼球が長くなってしまう原因は近くを見続けようとした為とか言われていますが、眼球をとりまく「外眼筋」が緊張して眼球をしめつけてしまう為と言われているのです。

強度近視の場合に視力を回復する方法として、外眼筋の緊張をほどけば視力が回復されると言われています。その為の方法が腕を左右に振っていけば良い訳です。腕を振る事によって遠心力が働き、その遠心力が外眼筋に与えられて、緊張がほぐれるという訳です。

視力の回復法4「目薬」

chienoizumi.com

上のリンクにあるHP「知恵の泉」では、疲れ目とドライアイの関係が紹介されているので、興味のある方はご覧になって下さい。

なぜ目薬で視力が回復するのかと言うと、パソコンやスマホを長時間に渡って見ていると、目が乾燥してしまうからです。目が乾燥して水分が無くなる事を「ドライアイ」と言いますが、ドライアイに効く目薬を選べば視力が回復する訳です。

ただし、目薬で視力が回復する方は、パソコンやスマホによって視力が低下した方です。実を言うと、私も一時的に視力が0.6まで低下した事がありましたが、目薬をさすようになって視力が1.2まで回復出来たのです。その為、目薬によってドライアイを解消する事は視力回復に欠かせない事と言えるでしょう。

視力の回復法5「蒸しタオル」

f:id:akira2013web:20170104221206j:plain

目を酷使していると、目に流れていく血行が悪くなってしまい視力低下を招きます。そこで目をつぶって瞼の上から蒸しタオルを当てる事によって、目の血行を良くするのです。そうすれば、視力が回復出来る訳です。この方法で視力回復出来るのは、眼精疲労の方のみなので、注意して下さい。

視力を回復する5つの方法のまとめ

視力が悪くてメガネをかけている女性

視力を回復する為の5つの方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?視力を回復する方法は色々とありますが、視力を低下した原因によって回復させる方法は違ってきます。注意して欲しいのは、視力が回復したとしても、視力を低下させるような事をしては、視力を回復させた意味がありません。

視力の低下を防ぐ為には、パソコンやスマホを長時間見ないようにするか、パソコンやスマホをどうしても長時間見るようであれば、たまに目薬をさしたりして視力の低下を防ぐ事が重要です。その他に部屋を暗いままで読書する事も視力低下を招きます。視力の低下は、偏った食事でも起こりえるので、目が必要とするビタミンや亜鉛DHAなどを摂るようにして視力低下を防ぐようにしましょう。